Site Network:

粘膜・体液接触を防ぐおすすめセーファーサービス32体位

粘膜・体液接触を防ぐ
おすすめセーファーサービス体位32体位

セックスワークのお仕事において、HIVをはじめとする性感染症の感染を防ぎ、健康で安全に働くためには、お客様に楽しんでもらいながら、粘膜接触や、出血を伴うようなプレイをいかに回避するかがポイントです。なぜなら、性感染症のウイルスは性器や口などの粘膜を通し、体液、血液を介して人から人へと感染するからです。そこで、おすすめの安全なセーファーサービスや防御体勢を紹介します。これらは全て、セックスワーカーたちが働く経験から編み出された実効性のあるテクニックで、性感染症予防に役立ちます。最近はニューハーフヘルスだけでなく女性のセックスワーカーが働く性風俗店でもアナルサービスの提供が増えていますが、アナルはとりわけ粘膜が損傷しやすく出血しやすい部分なので、コンドームの使用はもちろんのこと、コンドームが損傷しにくくなるテクニックも重要です。ここでは、こうしたアナルサービスをより安全に提供するための情報も紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。


<1位>
お客様に最も密着しつつ、粘膜接触が少ないプレイ。イラストのように自分の膝を曲げて足を絡ませ、腕枕をしている手をお客様の肩甲骨あたりまで伸ばしてしっかりと抱き、自分の方に引き寄せて横向きにする。密着してペニスをしごく動作にあわせて腰を動かすと雰囲気が良くなりさらに良い。


<2位>
膝小僧で自分の体をしっかりと支え、腰の重みを軽減する。さらに、お尻の割れ目にペニスを挟むような感じで、利き手でペニスの根元を握り上下にしごきながら、片手でペニスの上部を包みこむ。腰をゆっくりくねらせる動きを滑らかに加えるとさらに良い。


<3位>
お客様の上半身を直角以上に起こしてから、脚を伸ばしてお尻に手をまわして支えてもらう。手でペニスをしごきながら吐息を洩らすように頬やアゴにキスをして頭の密着感を作ると情愛感が出て良い。腰振りに慣れていないお客様には、背もたれを使うと効果的。


<4位>
普段したことがない体位で興奮させる。脚を広げ上げて逆正常位。腰を小刻みに振りながらペニスをしごく。


<5位>
口や素股でイかせられず、手でする場合のプレイ。お客様の首の下に腕を入れて抱きついてもらい、左膝をお客様のひじの下にいれ、胸が覆いかぶさるようにして上半身を固めてペニスをしごく。抱きしめながら揺らすと、程良くお客様の力が抜ける。


<6位>
お客様の乳首を舐めながら片ひざで睾丸と肛門の間を軽く圧迫しつつ、自分の下腹部にペニスをこすりつける。


<7位>
乳首を舐めながら、ひざ裏にペニスを挟んでしごく。


<8位>
大陰唇と太ももの付け根にペニスを挟むような具合で、さらに指をピースの形にして指股に挟み、もう1つの手で包んで腰で動く。


<9位>
利き手でペニスを握り、もう一方の手で腕枕をして、お客様に抱きついてもらう。


<10位>
横向きから絡めた足をもっと外側に引き寄せ、お客様に乗っかってもらい腰を振る。ペニスは股で挟まず手で握り、お客様に腰を振ってもらう。


<11位>
太ももにペニスを挟んで上下させる。つま先をクロスして太ももの締まりをより良くする。ただし、太ももが細いワーカーには向かない。


<12位>
膝を上げて自分の太ももの上にお客様のかかとが乗るようにし、お客様のひざのうらに自分のひざを押し当てる。腰を押し当て、お客様が責められている感じを演出する。


<13位>
お腹と手のひらにペニスを挟むようにしてこすり上げる。ローションをたっぷり使うこと。片膝を曲げて軸足にし、マットプレイのように前後に動くと、手に意識が集中し過ぎないので良い。


<14位>
ひざを上げて太ももの外に足を置いてから腰を下げ、手で睾丸や睾丸と肛門の間をまさぐりながら軽く腰を上下に振り、ペニスをしごく。


<15位>
お腹から恥骨あたりにペニスをあてるような感じで、腰を動かしながら手でペニスをしごく。片方の太ももで性器部分がお客様から見えないようにすることが大事。


<16位>
お客様の太ももの下に足を入れて、自分の太ももの間にペニスを挟むようにして手でしごく。


<17位>
お客様の上に乗って足を広げ、視覚的に刺激することでペニスを立ちやすくする。この時、ペニスが自分の性器に接触しないように気をつけながら手でしごく。同時に腰も動かすと良い。


<18位>
危険な指入れをしてくるお客様に対し、お客様の腕に足を乗せることによって防御する。


<19位>
指入れをしたがるお客様には、手をつないでもらったり、なるべく胸を触ってもらうように誘導する。


<20位>
乳首を舐める時は性器へ指入れをされ易いが、お互い同時に乳首を舐める体制になることで回避できる。その際もお客様の手を握る。


<21位>
アナル舐めの時は、お客様にばれないようにこっそり舌にコンドームを着ける。


<22位>
自分の膝の上にお客様の腰を乗せ、手で乳首を責めながら、パイズリするように胸でペニスを刺激する。


<番外編>
まず、お風呂の準備をする時にボディーソープ置き場にゴムを隠し置く。次に、お風呂場でフェラをする時、立ち洗いをして背面に向けた時にゴムを口に含み、口の中に隠しておく。


体をしっかり洗った後、口に隠しておいたゴムを使って仁王立ちフェラをする。さらにお湯を口に含むと、温感フェラが出来る。

ニューハーフ編


<1位>
ディルドやペニスを挿入する前に、コンドームを着けた指でゆっくりとアナルをほぐす。ローションを使うとより効果的。爪が長い場合は、指先に適度な大きさにちぎったティッシュを巻いてからコンドームをつけると良い。


<2位>
アナルセックスをするときは、事前に相手のペニスの大きさに合わせて自分のアナルをほぐしておく。イラストのように、お客様の性器などを刺激しながらこっそり行うと雰囲気を損ねなくて良い。


<3位>
お客様の上に乗り、後ろ手でペニスをしごく。手だけでなく、お尻の肉も効果的に使うとよい。さらに、暇な手でお客様の腕を掴み自由に動かせなくさせるとより安全なプレイが出来る。


<4位>
アナルセックスの時は両手をお客様の腰にまわし、さらに両足で太ももを押さえる。こうすると腰を大きく動かせなくなるので、ペニスが抜けたり激しい摩擦による出血やコンドームの損傷を防げる。


<5位>
自分のペニスとお客様のペニスをこすり合わせる。この時指をペニスの間に挟むと、ペニス同士が強くこすれ合うことを防げる。自分かお客様のペニスにコンドームを着けるとさらに良い。


<6位>
お客様のペニスを太ももで挟み、内股になって性器を隠すようにしながら手やお腹でペニスを刺激する。さらに、このまま腰を動かすと挿入しているような気分にさせることも出来る。


<7位>
逆アナルセックスの時は、お客様の腰の下に枕や座布団を折りたたんで置き、お客様のお尻を天井に向ける。こうするとお客様は身体を動かしにくくなるので、より安全なプレイができ、ペニスも挿入しやすくなる。

<番外編>

コンドームを利用してアナル舐め用の即席シートを作る。まずはハサミを使って精液だまりを切りとる。次に外側から中心まで切る。最後はそれを広げると、即席シートが出来上がる。