Site Network:

Check point in working

夜のお仕事等で働く人が事前にストーカー被害を防ぐため、観察力を養う必要があります。
ストーカーになる人は、努力家で、魅力的な人が多いそうです。また、ちょっと人とは違うんだよ、という個性をひけらかすという特性や、感情処理を相手にさせる幼児性があるそうです。

【ストーカーになりやすい人かどうかチェックするポイント】
1、プレゼントをよくくれる。
2、同情をひく話をよくする。
3、筆まめで1日3通以上メールをする。
4、店員に態度が悪い(いつも自分が馬鹿にされているんじゃないかと思ってる)。
5、誉めないと機嫌悪い。
6、三日間メールの返事しないと怒る。

【この人はストーカーになる恐れがあるかどうか試す方法】
電話がかかってきて、出なかったらどうなるか試す。そのあと10回くらい電話がかかってきたらストーカー体質。

(ストーカー対策専門家・小早川明子先生によるアドバイスから引用させていただきました。)