Site Network:

The Price of a Sex-Slave Rescue Fantasy

5月29日NewYork Timesの記事です。

「性奴隷救済幻想のお値段は?」

(記事の概要)
カンボジアの子どもや女性たちのセンセーショナルな人身売買被害について、自身の著書や設立財団で告発してきたソマリー・マム氏が人身売買の事実をねつ造してきたことが発覚した。

ニューズウィークは先週、誘拐された子として売春宿で働くことを余儀なくされていたというソマリーマムの話の矛盾や不正を発見した。かつての隣人は、彼女は彼女の両親と彼らの村に来て、高校を卒業し教師になるために試験を受けていたと言った。また、十代の娘が人身売買によって誘拐されたという話は、少女の父親によると、彼女は彼女のボーイフレンドと一緒に逃げたと述べた。

水曜、彼女は自身が務める財団を辞任。

救助を必要とするセックスワーカーに関する彼女の描写は、多くのセックスワーカーを傷つけ、セックスワーカーたちの職場への警察の襲撃を促した。

カンボジアはアメリカ国務省の人身売買監視リスト国に入れられた後の2008年、商業的性売買禁止法を新たに制定。これにより、警察がワーカーたちが働く売春宿や公園で残忍な襲撃、セックスワーカーらを拘留、暴行。これらの被害はアジア太平洋地域のセックスワーカーネットワーク・APNSWの2008年のドキュメンタリーによって明らかにされた(※swash注:セックスワーカーたちはホームレスとともに施設に入れられたりした)。

ヒューマンライツウォッチは後に、94人のセックスワーカーにインタビューし、2010年の報告書にまとめた。

一人の女性は言った。「逃げようとしたとき私は逮捕された。5人の警備員が私を叩きのめした。私は彼らの殴打から自分の腕で自分の顔や頭を保護しようとした場合、彼らは私の腕をつかんでそれをやめさそうとした。警備員は、私たちが二度目に逃げようとした場合は、私たちの喉を切り裂く、そして私たちを火葬する、と脅した」。

ヒューマンライツウォッチは、このような、警察による虐待とハラスメントの横行を容易にするような、人身売買と性的搾取についての2008年の法律を停止するよう、カンボジア政府に要請した。

これらのお話は、反人身売買の財団の中では語られていない女性たちのことだ。

ソマリーマム氏は、欧米の裕福層をターゲットに高い支持を集めました。Facebookのチーフオペレーティングオフィサー・シェリル·サンドバーグは彼女の財団の諮問委員会の委員である。彼らのような裕福層は、人身売買について少し知っていて、救済が必要な人身売買犠牲者のように、セックスを売るすべての女性のことを想像しようとすることはあまり必要としません。

人身売買に関する引用したデータの多くは、不安定な推定に基づいており、多くは、人身売買とすべてのセックスワークを融合しているとされている。国際開発機関が資金を提供した2003年の研究では、カンボジアの女性セックスワーカーの88%が強制を経験していなかったことを推定するために、実際のカウントを使用していました。カンボジアの非政府組織によって報告された、疑いのある人身売買事件の2009年の分析は、76パーセントが「彼女らが売春に関連する活動に従事することを事前に知っていた。」と結論付けた。

ミラ·ソルヴィーノがおとり捜査でセックスワーカーを撮影するために、昨年、CNNとしてプノンペンに来たとき、女性連帯ネットワークのロスSokunthyは、このアプローチが問題の一部であったことをアジア特派ニュースサイトに語った: "あなたは、子どもを売ろうとする母親の顔をテレビで見せる。お金のために娘を売ることがあるほど貧しいなんてと。こんなことをしてどのように娘や母親を助けるのですか?それは助けになりません。それはNGOがお金を稼ぐためのものになるだけです。”

先週、国際労働機関は、被害者や労働者の効果的な保護のため、正確で実際のデータでそれらに対処するための提言と強制労働に関する新しい報告書を発行しました。
それは売春宿の壁を超えて、貧困、不平等、脆弱性に対するより広範な戦いです。

ソマリーマムは人身売買被害を無くす英雄とあまりにも感じさせてくれました。彼女はただ、彼女の物語を繰り返し話し、彼女たちのカードをスワイプしてきただけ。それを取り上げてきたメディアは彼女を英雄にし巨大化させたし、セックスワーカーたちはたくさんの苦痛と不快な経験を受けた。ソマリーマムの支持者たちは、彼女が売ってきたものの価格を検討する余地はあるのだろうか?

http://mobile.nytimes.com/2014/05/30/opinion/the-price-of-a-sex-slave-re...